常識

世の中には、見えない常識やルールがたくさん存在する。
規則があればそれを取り締まる人間がいる。
正義感に溢れた「常識的な人間」は、とてもルールに厳しい。
明文化されていない法律を振りかざして、集団を淘汰する。
そうやって平和な集団を維持するのが社会だ。

一方、規則を守らない人間は必ず一定数存在する。
身体的・精神的に規則を守ることが困難な人。
選択的に規則を守らない生き方を選ぶ人。
規則の「雰囲気」を一切感知できない人。

元来自分は、見えない社会ルールを一切関知しない人間だった。
一方で、感知していたとしても、やはり規則を守らずに生きてきた。
見えないものを拒絶し、ぼんやりとした束縛を良しとせず、
正論をぶつけて、自分を自由にしてきた。
感情的かつ論理的に屁理屈をこねる、厄介な人間だ。

 

全部自分で選びたい我儘な人間だ。
「普通」や「みんな」を一切信用していなかった。
「多くの人が良しとすることの中には外れが少ない」ということが理解できなかった。
今ではわりと「価格コムや食べログは便利だ」とわかっているから、

かなり社会に適応してきたなと思う。

 

全ての見えないルールをないがしろにして生きてきたからこそ、
逆に誰にも虐げられることがなかったのだろうと思う。
中途半端に一部を拒絶すると、取締班に捕まってしまう。


「どうしてそんなルールが存在するのか」
そんなこと、誰も知らない。
私はそこを突いて、常識がないまま生きてきた。

 

最近「あなたが間違っている」とはっきり言われた。
他人とのいざこざを起こした自分を見た第三者の言葉だ。
自分の言動に共感した上で、この結論に行き着いたようだった。
つまり、彼は「それは駄目なことだ」と他人から言われてきたのだと思う。
私の勝手な想像だが、
「自分が禁止されたルールを破っている私は、
過去の彼と同様に間違っているに違いない」
という理屈なのだろう。

 

ところが私はそんな自分の過ちを正して反省することなく、のうのうと暮らしている。

私は誰かを傷つけたかもしれないが、なんと、誰も殺していないからだ。
自分にとっては、他人から与えられる正義も正誤も無意味だ。
私は犯罪を犯していない。
法的に悪いことをしていない私は、そんなに間違えてはいない。

傷つけた人には悪いが、「ごめんぴょん🐰」くらいの反省しか持ち合わせていない。
私は彼が押し付けたがった常識を見なかったことにした。

 

こういう風に、私は屁理屈をこねて、
自分を動けなくするわけのわからない常識から逃げ、自由に生きてきた。
私は他人と同じことができない人間だ。
だから、人に合わせられないし、そうできる人ってすごいと思う。
自分にとって人に合わせることは無価値だ。

そんな無意味なことを続けられる人って、偉大だと思う。

 

人に合わせることに固執する必要はない。
個々が自分の意見を持つべきだ。
集団に流され、多様性を失った社会は、
我々のような異端者を受け入れてくれないだろう。
受け皿が欲しくてここに来たのなら、
多少のルール違反も大目に見るべきだ。

 

私は誰のこともそれほど嫌いではない。
めんどくさい人はブロックしているが、殆どの人は「普通」だ。
自分の受け皿になってくれる人がいると自覚しているから、
他人のことも完全に拒絶することはない。
意見の押しつけやいじめには賛成しかねるが、
だからといってそれをした人間に憎しみを募らせることもない。
人は弱いから仕方がないと思うだけだ。

 

人に嫌われることが怖くない分、きっと自分は強いのだろう。

幽霊船でワンピースを目指す

ネットでいろんな人をやってきた。

おじいさんをやっていた時はなかなか面白かった。

あまり疑われないと、こちらが困るね。

アイコン絵師をやっていたこともある。

中高生に大人気。

要するに、自分にとってのネットは暇つぶしでしかないのだ。

全力で遊んでいるので、あまり無粋なことはしないでいただきたい。

 

ネットの海を漂流して、たまに変な人を拾う。

陸上生物のくせに、たまに海の真ん中で溺れているバカに会う。

私はそういうバカがとんでもなく好きなんだと思う。

うちの船に乗っていけばいい。

好きな島で降りていいぞ。

船にいても、まあ構わないかな。

重くなりすぎたらきっと自分は船を乗り捨てるけど、拾ってきた奴らだけでも船旅は続けられるからな。

 

こんなワンピースはきっと映画にできない。

大衆向けには生きられない。

海賊王?なにそれ?

人の上に立つ仕事はくたびれそうだな。

 

幽霊船の船長のようなネット活動は日常には「足らない」。

一昨日も、昨日も、特に何もない1日だった。

私は今日も仕事をして、帰宅してご飯を食べて寝る。

そうやって普通に生きているだけだ。

 

最近特になにもないのだが、そういえば暇な時間にラインを送る友達ができた。

よかったなと思います。

それ以外はなにもなかったな。

 

さて仕事しよ。

本人から許可をもらったので友人について書く

名前出すか迷ったので、とりあえずこれで。

自分は医者でもなんでもないので、

その辺の記載についてはあんまごちゃごちゃ言わないでくれるとありがたいです。

 

メンヘラデパート

彼女が抱えているメインの問題は、アスペルガーだ。

二次障害として不眠や過眠などのうつ症状がある。

一方、光トポグラフィーによる脳波がうつ病とは異なるものだったために、

うつ病でもないのにちゃんとできない自分」に苦しんでいる。

(光トポグラフィーはただの診断補助と説明済み)

AC特有の認知や人格の歪みが垣間見える。

メンヘラのデパート状態だ。

 

彼女の起こしたトラブルに対して、自分が考えたことを書こうと思う。

 

無自覚と自覚

メンヘラデパートの彼女は、人とぶつかり、様々な問題を起こした。

それら一つ一つを書き出し、

「彼女はどうすべきだったのか」

「何がいけなかったのか」

について一緒に考えた。

人のせいにすることなく、一般論に落とし込めるように。

どんなトラブルだったかは大して重要ではない。

彼女の未来の為には、「今からどうするか」の方がよほど大切だと考えたのだ。

 

その結果、彼女の様々な問題が見えてきた。

端的にいうと、彼女は多角的に物事を見ることができないのだ。

一例として、「自分がしんどいときに他人が忙しい可能性」や

「自分が嫌いな人を他人が好きな可能性」を想像できない。

その結果、「常識がない」と他人を怒らせてしまう。

注意されればちゃんと理解できるのだが、それを彼女が知る時には、

もう手遅れなくらい相手は激怒している。

典型的なアスペルガーの症状だった。

 

問題を書き下すことで、彼女は無意識に避けていた自分の障害に直面した。

 

呪いと自己嫌悪

つらい作業だったと思うが、彼女は病識を持った。

しばらく彼女は様々な人を呪った。

そのことで更に人と揉め事を起こし、次に、酷い自己嫌悪に陥った。

コンプレックス死寸前だったと思う。

 

逃亡と迷惑

同時期に彼女は全ての責任を放り投げて、逃亡した。

ちなみに、私は逃亡をすすめた。

 

逃げることの何が悪いんだろう。

自分も病んでいたときはよくドタキャンしていた。

リスカや自殺未遂経験者だってたくさんいる。

会社や学校をやめるのだって逃亡だ。

たかが約束の一つや二つ、逃げたって別にいいじゃないか。

彼女の逃亡を責められるのは、逃げたことのない人だけだ。

他人に迷惑をかけたことのない人だけだ。

人は迷惑な生き物だし、メンヘラは特に迷惑だ。

そんなこと百も承知で友だちになったからな。

 

悪と正義

その結果、他人から彼女へのヘイトは増大した。

抱えていた仕事や約束を放り投げ、逃げ出した迷惑な女として、

ツイキャスツイッターで多人数に叩かれた。

徒党を組んで一人の人間の愚痴を随分言っていた。

悪口大会で仲良くなっていく人たちを遠巻きに眺めながら、

「社会って怖いな」と思った。

 

それがイジメだと自覚していた人は一人もいなかっただろう。

彼らにとって、彼らは正義だった。

「イジメられる人間にも問題がある」

それは否定できない。

彼女は確かに甘ったれで、人に依存した、非常識な人だった。

 

一方で、彼女は悪でもない。

彼女は他人どころか自分すら殺していない。

盗みや詐欺もしていない。

 

「イジメられる人間にも問題がある」

それは人をいじめていい理由にはならない。

 

自分と他人

メンヘラは自分と他人の境界線を引くのが下手だ。

彼女もそうだったが、彼女が迷惑をかけた相手も下手だった。

だから彼女は一線を越えて甘えすぎてしまったし、

彼らは一線を越えて叩きすぎてしまった。

 

私にも嫌いな人がいる。

私は性格がとても悪いので、他人の悪口を言うことも多い。

一方で、そこに便乗して一緒になって叩く無関係な人とは仲良くしたくないなと思う。

自分の意志で人を嫌ってくれ。

 

直接被害を被った数人は、確かに彼女を嫌う権利がある。

そうじゃない人は黙って見ていればいい。

 

人間関係は自分で選べる。

彼女は受け入れてくれる人と付き合わなかった責任があるし、

彼女と付き合わないという選択をしなかった彼らにも責任がある。

つまり、概ね自己責任だ。

それでおしまーい!!!!!!!

「嫌い」までは理解できるが、

「嫌いだから叩く」ということが全く理解できない。

 

私は私、あなたはあなた

私は私が好きな人としか付き合う気がない。

そして、その人に何かされて傷ついたとしても、

仲間を巻き込んで相手を叩くようなことはないだろう。

見る目がなかっただけだと、時間を書けて、頑張って納得する。

 

人は人、自分は自分だ。

精神的にもう少し自立しようね。

コンプレックス死

「お前のこと、そんな簡単に嫌いになんてならねーよ」

そう思ってる。

相手にそう思われている自信は持てない。

 

自分はとても感情的だ。

双極性障害は感情をコントロールできない病気らしい。

寛解しているが、完治したわけではない。

社会になんとか適応しているだけだ。

会社で何度も泣いているし、怒ってる。

それでも許してもらえるのは、人に恵まれているのと、

周り中(隠れ)メンヘラが多い職場だからだろう。

 

挨拶さえままならない人。

何度もミスして書類を再提出する人。

会議の時間を必ず忘れる人。

鬱で休職していた人。

パニック障害の人。

そんな人たちと仕事をしている。

きっと彼らは、研究職しかできない。

私より重症だ。

 

「もう少し感情を抑えられたら、きっともっと仕事ができるのに」

「冷静になれないのは本当に勿体無い」

これが私を殺す言葉だ。

感情的になる自分を憎み、自己嫌悪し、諦め、今の自分がいる。

「ヒステリーを肯定している」は、正しい。

そうせずに生きることができない。

自分の命と天秤にかけて、諦めて生きることを選んだだけだ。

コンプレックスは人を殺す。

諦めていなければ、自己嫌悪で自殺していただろう。

 

ブログを書き始めたのは、そんな「ヒステリーを肯定している」自分を、

わりと受け入れてくれる人がいたから、

人ともう少し関わっても良いかなと考えたからだ。

死にたいくらいのコンプレックスを曝け出して、それでも「なんだそんなことか」と言ってくれる人がいる。

ありがたいことだね。

 

2度としたくないと毎回のように思うが、

きっとまた制御できないあいつが出てくる。

あいつはでしゃばりだからな。

まあ、いいや。

受け入れてくれる人が1人でもいるなら。

 

どうせ、1人も受け入れてくれなくても、諦めて開き直って生きていくのだ。

もう死因がコンプレックスになることはないだろう。

 

「お前のこと、そんな簡単に嫌いになんてならねーよ」

まずは自分自身を嫌いにならないようにしないとな。

精進します。

愛情

痛みを「知ったかぶり」した成功者には、耳を貸さなくていい。
戦う前から負けている人間に対して、
正論を武器に、勝負を挑まないでくれ。

勝手に成功していればよいのです。

あなたの幸せを心から願っています。

 

精神疾患を患い、回復した人が、
患者に対して厳しい態度を見せることがある。
彼らは、「不幸な病人」というステータスを簡単に捨て、
「病気を抱えながらも、苦難を乗り越えた」という、
輝かしいステータスを手にしている。
そして、そのステータスで元仲間達を殴るのだ。
病人にマウンティングして、
「お前らがここまで上がってこないのは努力が足りない」と。

 

「頑張ったら報われる」
「運が悪かっただけ」
そんな言葉で納得して、また頑張れるほど、
HPが残っていない人はたくさんいる。
瀕死・毒・呪い・混乱・石化状態。
あと一歩動けば死ぬ。
顔が紫で体がまだら模様だ。
毒消し草だけもらった所で、事態は好転しない。
「あと一歩で町に入るから、宿屋で回復しよう」と言われても、
右足が毒の沼に嵌っていて抜けないのだ。

 

他人の感情や記憶を自分の所有物にしてはいけない。
他人の不幸を一大イベントにしてはいけない。
確かに、悲しんでいる人を見ると、共感で暗い気持ちになる。
自分にも何かできるのではないかと、相手を助けたくなる。
心配でいろいろ言いたくもなるだろう。

確かにそれは善意だ。

だが、善意や正義を求めていない人だって存在するのだ。

それがわからないなら、わかるまでROMってろ。


けっきょく、我々には何もできない。
顔が紫の人間を捕まえて、
「相手に何かしてあげている自分」に酔いしれるのはやめてくれ。

我々の痛みや不幸は、我々のものだ。
わかったような気持ちになって、ご高説を垂れるのはNG🙅🙅‍♂️🙅🙅‍♂️


知らない人のために言っておくと、
人間の脳みそはUSBケーブルで互いにつながっているわけではない。

衝撃の事実かもしれないが、人間は同期できない。

 

顔が紫で体中がまだら模様、なんなら少し異臭を放つ闇属性。
「石化なら経験済みだからアドバイスできる」って言われても、だめなんだよね。


私には、あなたの痛みや苦しみを、完全に理解することなんてできません。
残念ながら、あなたにあげられるものも、そんなに持ち合わせていません。
「それでも、一緒に考えることはできるんじゃないかな」と思いあがって、

少しだけ話をさせてください。

 

とりあえず文通から始めませんか?
ラインの方が良いなら、ドラクエ派かFF派か教えてね。
ステータス異常のスタンプ買っておくね。

祝福

機能不全家族の一部として生きてきた人間は、
ともすれば心の痛みに鈍感だ。
背中に刺さった包丁は、自分の視界には入らない。
例え、傷口から血しぶきをあげていても。
出血多量で死にかけていても。

 

家族と離れてはじめて、
自分の精神を壊したのは自身の母親だと悟った。
怒りや悲しみが一通り自分の中を循環し、
それでもなんとか折り合いをつけた頃、
母親と話し合う覚悟を決めた。


彼女には知る権利があると考えたのだ。

確かに自分は辛い思いをしてきた。
だが、一度だって悲鳴をあげたことがなかった。
彼女にちゃんと「痛かった」と伝えなければいけない。
きっと彼女は知らなかっただけだ。
そう思いたかった。

 

さて、事の顛末を端的にまとめる。
期待とは裏腹に、彼女は全てを拒絶した。

「遺伝的な要因で双極性障害を患った子供が、
被害妄想で事実無根の話を持ち出して母親をなじった」
というのが、彼女にとっての事実だ。


彼女は「いつでも自分の子供を愛していた」と泣いた。
それだって、事実だ。
知ってる。

 

痛みを感じた時に悲しまないと、
悲しみを忘れることができない。
痛みを感じた時に怒らないと、
怒りをぶつける対象を失う。


今の彼女は、自分の子供を無自覚に傷つけていた過去の彼女ではない。
責め立てた所でどうしようもないのだ。


悪いのはこちらだ。
彼女は、自分の過去の過ちに向き合う必要などなかったのだ。

 

やり場のない感情を持て余し、妄執に追い立てられ、
我々は日々をやり過ごす。
また今年も、彼女を泣かせ、家族を諦めた日が来る。


あの日、彼女は子供の誕生日を祝うはずだった。
確かに彼女は、私を愛していたのだ。
やりきれない明日をこれからやり過ごす。

 

 

Happy birthday to me!

呪い

今でこそ、自称天才美少女だが、親からの評価は正反対だった。

「馬鹿で不細工で誰にも愛されない社会不適応者」

それが幼少時に母からかけられた呪いの言葉だ。

 

残念ながら、誰もが郷里を愛しているわけではない。

牢獄に留まるよりも、片手一杯の薬を飲み、3時間睡眠でフラフラしながら仕事をする生活の方がはるかに幸せだ。

 

「容姿端麗で知性に溢れた自分は、きちんと社会で生きている」

これが自分で自身にかけた呪いだ。

他人の呪いなど2度と受けない。

褒めがいがなくてすまんな。

 

残念ながら、「誰にも愛されない」に関しては、呪いが解ける気配がない。

おかげで誰かに嫌われる恐怖を味わったことがない。

いつか解き放たれる時が来るのかもしれないが、別にこのままでも良いかな。

 

今、自分はわりと幸せだ。