読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好みの人と食べ物

全然余裕だろって思っていてもやはり1月後半はキツイらしい。

1年以上会っていなかった母から誘われて、年始に二人で旅行したのも原因の一つだろう。

憎んでいないから嫌いではない。

むしろ自分はマザコンだろう。

子供は自動的に母親を愛する。

これはもう仕方ない。

 

外出先で食べればいいと思い、一日中出かけていたが、

けっきょく何も食べずに帰宅してしまった。

食べれば美味しいと思うのだが、何故か妥協できないのだ。

美味しくて、心地いい空間で時間が過ごせる、自宅では作らない物を探して歩き回った。

どうしても、自分はマックで妥協できない。

本当に困っている。

 

嫌いな食べ物と、それをどう処理するかについて質問するのが好きだ。

「一緒にいる人に食べてもらう」

「がまんしてなんとか食べる」

「絶対に食べない。脇に避ける」

「そもそも嫌いなものが混ざっている料理は頼まない」

食べ方は、人との付き合い方にとても良く似ている。

 

自分は、好きなものを選ぶとなると本当に厳選してしまう。

特定の好きな物しか食べなかったりする。

ただ、出されたら大抵なんでも食べる。

嫌いだったのは過去で今回は美味しいかもしれないと手を出す。

 

1月を生き延びたので、お祝いにお寿司を食べた。

スシローで満足しているから、そこまで厳選しているわけではないのかもしれない。

もちろんテーブル席。

隣の席の子供が暴れていたので、少しだけ心地よさはマイナス。

もう少し大きくなってから来ようね。

 

お腹がいっぱいになってしまったのでケーキはまた明日。