読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諦めて所属してしまおうか

所属欲求について考えた。

考えてみれば、メンヘラは所属欲求を満たしていない人が多い。

 

被虐待児は生まれた時から

セクマイは物心ついた時から

イジメ被害者は集団生活が始まった時から

所属できない不安と戦っている。

 

かくいう自分もその一人だ。

 

自分が所属しているはずの団体ですら、

自分がいなくても成り立つようにしか関われない。

そしてたまに強大な不安に捕まるのだ。

ああ、寂しいね。

 

自分以外が揃っているライングループが存在したとしても、

きっと傷つくことすらないだろう。

「ああ、やっぱり」って笑う。

壊れてるんだろうね。

 

「一人が楽」

そう言われた時、寂しくなった。

きっと自分もそういう思いを誰かにさせているんだろう。

「あなたがいるのに、寂しいなんて思ってごめんなさい」

だからといって何を言ったら良いのかわからないね。

 

きっとあなたが思うよりも、私はあなたが好きだ。

私が思うよりも、あなたは私が好きだ。

だから、もう諦めてしまおうかな。

ここに所属しようか?

 

夏にご飯を食べに行こう。

こちらは諦めないでいようね。