余裕とかタイミングとか

この話の続き。

p1no.hatenablog.com

 

自分はこと仕事に関して、潜在的な問題が見えた時点で対処したいタイプであり、

問題が露呈した時に適宜対処するタイプの人と協働することが難しい。

人間的に余裕が無いのだ。

 

一方の指導員氏は、これまで数多くの問題を放置してきた。

その結果、大惨事になったりなりかけることが度々ある。

そのたびに周囲に大迷惑をかけるし、主な被害者は私だ。

我々は根本的に性格が違いすぎて合わない。

同時に、お互いのできないことを補い合えるよい関係だ。

 

17日に良かれと思ってやったことに対して「余計な仕事が増えた…」と言われ、

怒りと悲しみで発狂したのだが、

18日に出勤した際には「ありがたい」と言われたので円満解決した。

私に余裕がなく、いつものようにタイミングをはかったり気を回したりができなかった。

指導員氏も「今は忙しいから後にしてくれ」と私に伝えそびれた。

多分そういうことなんだろう。

 

我々はたくさんの他人と生きていかないといけない。

そのすべての人達と家族や親友になるわけではない。

それでも関係を築かなければいけない。

生きるって本当に難しい。

社会って本当に厄介だ。

 

とりあえず私と指導員氏は週末ゆっくり休みます。

来週もまた忙しい。

やっていきましょう。