読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズ量産機

高校時代の友人が、「あなたは当時から達観していた」と言っていた。 高校生で達観してる奴とか嫌すぎるな。 どちらにせよ昔の話だ。 過去に縋るのは、あんまりかっこいいことではないらしい。 今クズみたいな人生を送る人にとって、縋るものは過去しかない…

諦めて所属してしまおうか

所属欲求について考えた。 考えてみれば、メンヘラは所属欲求を満たしていない人が多い。 被虐待児は生まれた時から セクマイは物心ついた時から イジメ被害者は集団生活が始まった時から 所属できない不安と戦っている。 かくいう自分もその一人だ。 自分が…

褒める

パソコンのマザボがいかれてしまったようだ。 修理は終わったので月曜日に受け取れる。 やはりないと不便。 嘘が苦手だ。 そりゃそうだ、私は科学者だ。 賞賛やお世辞に含まれる、多少の嘘が許せないまま生きている。 嘘はないに越したことがない。 人類皆不…

祝われるのが苦手

パソコンが壊れてしまったので、あまりブログを書く気になれない。 あとは単純にお仕事が忙しかった。 今月は飲み会もいくつか入っているし、無理しないで頑張る。 お祝いの言葉を受け止めるのが苦手だ。 祝われたいポイントが、一般とズレているようだ。 誕…

存在価値

自分の存在価値がわからない。 これは「私なんて生きている価値ない…」という類の話とは少し違う。 他人にとっての自分の価値が全く理解できないのだ。 「あなたがいないと寂しい」と言わた時に、なんと答えればよいのだろう? 他人の感情の責任を私が負わな…

条件付き

寝てる私が、書き終わる前のblogを公開してた。 やめろ。 最後の方を書き直しました。 綺麗事を信じられるほど幸せな人生を歩いていないなと思った。 留学先で、ホームシックになって泣いていた女の子が言ってた。 「誰か無条件に自分を愛してくれる人が必要…

常識

世の中には、見えない常識やルールがたくさん存在する。規則があればそれを取り締まる人間がいる。正義感に溢れた「常識的な人間」は、とてもルールに厳しい。明文化されていない法律を振りかざして、集団を淘汰する。そうやって平和な集団を維持するのが社…

幽霊船でワンピースを目指す

ネットでいろんな人をやってきた。 おじいさんをやっていた時はなかなか面白かった。 あまり疑われないと、こちらが困るね。 アイコン絵師をやっていたこともある。 中高生に大人気。 要するに、自分にとってのネットは暇つぶしでしかないのだ。 全力で遊ん…

ツイッター

ツイッターは自分向きだ。 自分がツイッター向きかはわからない。 ツイッターはSNSではない。 そこが気に入っている。 頭の中をぶちまける場所だ。 リプ送りあって他人の顔色伺うようになったらアカ消しの頃合い。 そこに社会はいらない。 単純に「俺モテね…

コンプレックス死

「お前のこと、そんな簡単に嫌いになんてならねーよ」 そう思ってる。 相手にそう思われている自信は持てない。 自分はとても感情的だ。 双極性障害は感情をコントロールできない病気らしい。 寛解しているが、完治したわけではない。 社会になんとか適応し…

愛情

痛みを「知ったかぶり」した成功者には、耳を貸さなくていい。戦う前から負けている人間に対して、正論を武器に、勝負を挑まないでくれ。 勝手に成功していればよいのです。 あなたの幸せを心から願っています。 精神疾患を患い、回復した人が、患者に対して…

好みの人と食べ物

全然余裕だろって思っていてもやはり1月後半はキツイらしい。 1年以上会っていなかった母から誘われて、年始に二人で旅行したのも原因の一つだろう。 憎んでいないから嫌いではない。 むしろ自分はマザコンだろう。 子供は自動的に母親を愛する。 これはもう…

統合

使う言語によって、自分の人格が変わっているように感じる人は多いそうだ。自分も、英語と日本語を喋る際の人格が全く異なるように感じる。特に、自分の場合は、日本語のみ喋る期間と、英語のみを喋る期間が混在しない。時間や空間を言語と紐付けてしまって…

科学脳

人と生きていると、人間は常に他人に侵食されてしまう。 他人の言葉を聞いて、感情が動いたり、突然考え込んだり。 そうやって、言葉を介して他人の影響を受けて、わりと簡単に自分を作り変えてしまう。 人間は簡単に他人と混ざる。 肉体の境界はわかりやす…

祝福

機能不全家族の一部として生きてきた人間は、ともすれば心の痛みに鈍感だ。背中に刺さった包丁は、自分の視界には入らない。例え、傷口から血しぶきをあげていても。出血多量で死にかけていても。 家族と離れてはじめて、自分の精神を壊したのは自身の母親だ…

呪い

今でこそ、自称天才美少女だが、親からの評価は正反対だった。 「馬鹿で不細工で誰にも愛されない社会不適応者」 それが幼少時に母からかけられた呪いの言葉だ。 残念ながら、誰もが郷里を愛しているわけではない。 牢獄に留まるよりも、片手一杯の薬を飲み…

疲労

疲労とストレスと不眠で一過性健忘出てきたので瀕死。 電話がきたら、電話の前にやっていたことを忘れ、電話が終わったら電話の内容を忘れる。 朝からこんなことを繰り返しているから、今日あったことをもう週明けに思い出せないかもしれないな。 消えること…