読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝福

機能不全家族の一部として生きてきた人間は、
ともすれば心の痛みに鈍感だ。
背中に刺さった包丁は、自分の視界には入らない。
例え、傷口から血しぶきをあげていても。
出血多量で死にかけていても。

 

家族と離れてはじめて、
自分の精神を壊したのは自身の母親だと悟った。
怒りや悲しみが一通り自分の中を循環し、
それでもなんとか折り合いをつけた頃、
母親と話し合う覚悟を決めた。


彼女には知る権利があると考えたのだ。

確かに自分は辛い思いをしてきた。
だが、一度だって悲鳴をあげたことがなかった。
彼女にちゃんと「痛かった」と伝えなければいけない。
きっと彼女は知らなかっただけだ。
そう思いたかった。

 

さて、事の顛末を端的にまとめる。
期待とは裏腹に、彼女は全てを拒絶した。

「遺伝的な要因で双極性障害を患った子供が、
被害妄想で事実無根の話を持ち出して母親をなじった」
というのが、彼女にとっての事実だ。


彼女は「いつでも自分の子供を愛していた」と泣いた。
それだって、事実だ。
知ってる。

 

痛みを感じた時に悲しまないと、
悲しみを忘れることができない。
痛みを感じた時に怒らないと、
怒りをぶつける対象を失う。


今の彼女は、自分の子供を無自覚に傷つけていた過去の彼女ではない。
責め立てた所でどうしようもないのだ。


悪いのはこちらだ。
彼女は、自分の過去の過ちに向き合う必要などなかったのだ。

 

やり場のない感情を持て余し、妄執に追い立てられ、
我々は日々をやり過ごす。
また今年も、彼女を泣かせ、家族を諦めた日が来る。


あの日、彼女は子供の誕生日を祝うはずだった。
確かに彼女は、私を愛していたのだ。
やりきれない明日をこれからやり過ごす。

 

 

Happy birthday to me!