読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンプレックス死

「お前のこと、そんな簡単に嫌いになんてならねーよ」

そう思ってる。

相手にそう思われている自信は持てない。

 

自分はとても感情的だ。

双極性障害は感情をコントロールできない病気らしい。

寛解しているが、完治したわけではない。

社会になんとか適応しているだけだ。

会社で何度も泣いているし、怒ってる。

それでも許してもらえるのは、人に恵まれているのと、

周り中(隠れ)メンヘラが多い職場だからだろう。

 

挨拶さえままならない人。

何度もミスして書類を再提出する人。

会議の時間を必ず忘れる人。

鬱で休職していた人。

パニック障害の人。

そんな人たちと仕事をしている。

きっと彼らは、研究職しかできない。

私より重症だ。

 

「もう少し感情を抑えられたら、きっともっと仕事ができるのに」

「冷静になれないのは本当に勿体無い」

これが私を殺す言葉だ。

感情的になる自分を憎み、自己嫌悪し、諦め、今の自分がいる。

「ヒステリーを肯定している」は、正しい。

そうせずに生きることができない。

自分の命と天秤にかけて、諦めて生きることを選んだだけだ。

コンプレックスは人を殺す。

諦めていなければ、自己嫌悪で自殺していただろう。

 

ブログを書き始めたのは、そんな「ヒステリーを肯定している」自分を、

わりと受け入れてくれる人がいたから、

人ともう少し関わっても良いかなと考えたからだ。

死にたいくらいのコンプレックスを曝け出して、それでも「なんだそんなことか」と言ってくれる人がいる。

ありがたいことだね。

 

2度としたくないと毎回のように思うが、

きっとまた制御できないあいつが出てくる。

あいつはでしゃばりだからな。

まあ、いいや。

受け入れてくれる人が1人でもいるなら。

 

どうせ、1人も受け入れてくれなくても、諦めて開き直って生きていくのだ。

もう死因がコンプレックスになることはないだろう。

 

「お前のこと、そんな簡単に嫌いになんてならねーよ」

まずは自分自身を嫌いにならないようにしないとな。

精進します。